ガンと慢性病


慢性疾患
は、世界的なエピデミック現象へと広がり、他のどの病気よりも死亡原因の多くを占めるようになりました。

 

慢性疾患の例

・心臓疾患、
・糖尿病、
・アレルギー、
・歯周疾患、
・鬱病、
・神経変性疾患、
・骨粗鬆症、
・癌、

病院や投薬でなかなか改善しにくい場合、西洋医学にくわえて補填的に自然療法を取り入れてみる人が増えています。

『エピデミック』とは?:

病気を起こした個体(ヒトや動物など)から病原体が別の個体へと到達し、連鎖的に感染者数が拡大する感染症の一種
(WHO世界保健機関より)

 

【フィシオエナジェティック】ガンと慢性病


「ガンと慢性病」は、上級クラスです。
(医師・歯科医師・看護師など医療系国家資格のない方は、充分な解剖生理学などの知識があるプロフェッショナルの方)

 

主な内容

◆ほとんどの慢性病には共通した原因がある
◆癌を例にしながら説明
◆30年前に比べ慢性疾患がより増えたのはなぜか
◆癌の発症原因と危険因子

◆検査および個々の治療法
・遺伝子
・エビデンスがベースとなった医学
・プラセボ効果から学べること
・病気になったことがない人々から学べること
・100歳以上の健康な人々から学べること
・工業地域でないところから学べること
・”自己治癒”の力に関する科学的立証
・肥満の原因
・炎症反応
・飽和脂肪、脂質、牛乳、小麦についての真実
・毒素の新陳代謝
・構造の統合
・ベストな運動法を選ぶ秘訣
・活性ビタミンD
・植物と食材における抗ガンの特性
・免疫機能を高める方法
・消化と吸収
・エネルギー生産〜ミトコンドリア
・低酸素
・心理とスピリチュアルのバランス
・生物・心理・社会的モデル(Biopsychosocial)
・生命に関するトピック
・扁桃、島皮質(とうひしつ)、前帯状皮質 (ACC)

◆前頭前皮質(ぜんとうぜんひしつ) (PFC)

・無意識の領域における矛盾を癒す左右交差の刺激
・口腔内の好気性菌
・newムドラ

 

注意

自然療法は、西洋医学にとって代わるものではありません。具合の悪い時は病院で検査を受けることをお勧めします。相談の上、現代医療に補填医療(自然療法など)をうまく組み合わせて健康の向上に役立てましょう。

 

Copyright© 代替医療の学び舎 『ホリスティック・エクセレンス』 , 2020 All Rights Reserved.