概要AORT

 

『AORTオステオ テクニック』は、速いテンポで関節マニュピュレーションを行うような技法ではなく、筋肉の固有感覚受容システムと脊髄を「リプログラミング(再教育)」するために穏やかに行われる間接法のオステオパシー手技です。

 

AORTの概要について

 

全部で3つのクラスに分け、全身の治療法を学んでゆきます。
どのクラスからでも始められます。(順番はありません)

 

AORTオステオパシック・テクニック開発者

『ラファエル・ヴァン・アッシェDO.』
(ドイツ語の動画です)4

Raphael Van. Assche DO.

 

AORTオステオテクニック 適応症

 

肩峰鎖骨関節の痛み / 距骨(くるぶし)痛 / アキレス腱 / 腕の痛み/ 関節包炎  / 肩関節周囲炎(50肩)/ 手根管[圧迫]症候群/ 胸部痛/ 中足骨痛 (モートン症候群) / 肘管症候群/ 歯痛/ 外側 肘上顆炎症候群(テニスエルボー)/ 内側 肘上顆炎症候群(ゴルファーエルボー)/ 顔面通 / 頭痛 / 股関節通/ 膝関節痛/ 腰痛/ 偏頭痛/ 首の痛み/ 足底痛/ 回旋腱板腱炎/ 仙腸関節痛/ 坐骨神経痛 / 肩の痛み/ 肩峰下滑液包炎/ 顎関節痛/ ティーツェ症候群、など。

 

Copyright© 代替医療の学び舎 『ホリスティック・エクセレンス』 , 2020 All Rights Reserved.