リバース・エイジング(若返りの科学)

《フィシオエナジェティック上級2018年 》
◆体心魂のリバース・エイジング(若返り)
11月30日(金)12月1日(土)2日(日)am
【講師】ラファエル・ヴァン・アッシェDO.
【会場】都内(Time24ビル)
【申し込み】
http://ecobody.jp/contact/mail.cgi?id=apply4holisticexcellence

開発者ラファエル・ヴァン・アッシェDO.による新しい講座が、日本ではじめて開講されることになりました。心地よく健やかに歳を重ねていく方法を、体心魂を含めた、あらゆる角度からご紹介します。

WHO(世界保健機構)によると、高齢者の割合が7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、と定義されています。日本の場合は、すでに2007年に高齢者数が21%を超えていますので、「超高齢社会」に突入しています。

このような状況の中、「気分が明るく、健全な心身をもって前向きに成長していきたい」と望む高齢者が増えています。運動と食事と心のあり方など個人でできる基本的なことだけでなく、クライアントにとって本質的なトリートメントを施すことにより、それを可能にするためのサポートができるようになります。

ヘルシー・エイジング(Healthy Aging)
アンチエージングAnti-aging もしくは スマートエイジングAnti-agingとも呼ばれる分野。自分や家族のために、患者さんに指導するために、本質的な解決法についてレクチャーします。

スロー・エイジング(Slow Aging)
若々しい気分をキープ。
どのようにこの世を去るか?(どう死ぬか?)
How to die and feel young

 

リバース・エイジング(Reverse aging)

◆どうやって若さを保つのか?と、どうやってガンを予防するのか?は同じ戦略です。(How to Prevent Cancer and Aging with the Same Strategy)

◆加齢の主なメカニズムについて。(Main mechanisms of aging)

◆女性がより長く生涯を楽しむために。(Women enjoy longer lifespans)

◆寿命をのばす物質、加齢現象を防ぐための物質。(Substances that lengthen life and protect against the signs of aging)

◆一番最初に老齢化する『肺』について。(The lungs are the first to age)

◆実年齢の健康テスト。(RealAge health test)

◆『水』の第四フェーズ。(The Fourth Phase of Water.)
水の分子構造はH2Oだということは知られていますが、それ以外のことについて、水の様態には未解明の謎がまだまだ多いのです。水の3つのフェーズ「固体→液体→気体」の他に、もう1つのフェーズがあります。それがどう人間に影響を及ぼしているのか?健康に関わってくるのか?

◆『松果体』
「ピノリン、ジメチルトリプタミン」は、スピリチュアリティーへの扉。(Pineal gland, pinolin and DMT (dimethyltryptamine) the door to spirituality)

◆『無症状炎症』
ほとんどの病気は『炎症』が主な原因となっている。(Silent inflammation, almost every disease has an inflammation as primary cause

◆分子の中の『電子』の欠乏
(The lack of electrons)

◆『甲状腺』と加齢
(The thyroid gland)

◆『心理学』100歳まで生きることを考慮する
(Psychology – Concerns About Living to 100)

◆ミトコンドリア生合成
(Mitochondrial bioenergetics)

◆オートファジー(自食作用)Autophagie
「phagy」はラテン語で「食べる」の意味。

◆ファスティング(断食)はアンチエイジング。(Fasting is antiaging)

◆血管硬化度(Arterial stiffness)

◆糖化(グリケーション)Glycation

◆オーラを手術する
(Aura surgery)

=============================

 

クラス日程のおしらせメール配信

現在、郵送でのカタログ配布をしておりません。
クラス開催のお知らせを受け取りたい方は、フォームよりお申し込みください。(配信頻度は少ないです)

フォームはこちらです

 

=============================

HOW TO LIVE A LONG HEALTHY LIFE

First of all, we have to check our deep-seated beliefs and images about aging and change them

An important finding is the fact that aging and common chronic diseases have the same causes! So by treating the aging process we prevent arthritis, cardiovascular disease such as heart attacks and stroke, cancer ………..

Much can be learned from research on people who reach a very old age: the famous “centenarians”. They receive chronic diseases at a much later time than the average population.

For Physioenergetics there is no universal recipe to prevent early aging, but a very individual procedure that must be tested for each person.

It is crucial to know the most important physiological processes about aging and to be familiar with the most common pathologies and to know the latest research about healthy aging in order to be able to ask the right questions in the test.

Meanwhile, it has become clear that genes are only possibilities and it is better to study and test the biological mechanisms that will switch genes on and off. Epigenetics. And here is exactly where we start in the seminar!

Another interesting fact is that women generally live longer than men, but not everywhere. There are exceptions from which we can also learn.