アンワインディングと靭帯バランス

筋膜のアンワインディングと靭帯バランス

 

『結合組織のアンワインディング(解き放つ)』と、
『靭帯バランステクニック』になります。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
:*:✲ 筋膜のアンワインディングと靭帯バランス✲:*:
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
““Fascial Unwinding and
Balanced Ligamentous Tension Technique”

by パオロ・トッツィーDO.

 

paolo_treatment

はじめての方も参加可能です。
初日に『筋膜システム』についのイントロダクションの部分を
ご紹介します。(詳しくは当確クラスを受講してください)。

 

■事前にキャンセルポリシーをお読みください。
■キャンセルの場合は早めにお知らせください。

paolo_run.bone.jpg

 

クラス内容

↓ ↓ ↓

【第1日目】
※結合組織(筋膜)のアンワインディング:歴史、原理原則、対応法
Fascial Unwinding (FU): History, Principles and Method of application

※腰部の結合組織をアンワインディング
FU application on the lower limb

※胸腹部への対応法
FU application on the upper limb

※筋膜における兆候、副作用、禁忌
Indications, Side effects and Counterindications of FU

※脊柱と顎関節への筋膜アンワインディングにおける対応法
FU application to the spine and TMJ

【第2日目】
※上部胸横隔膜におけるオステオパシー的所見
The Superior Thoracic Diaphgram from an osteopathic view

※内蔵への筋膜アンワインディング応用
FU application to viscera

※2名の施術者による筋膜アンワインディング
FU applied by 2 operators

※靭帯バランス・テクニックの歴史、概論、技法の適用
Balanced Ligamentous Tension (BLT) Technique: History,
Principles and Method of application

※腰部への靭帯バランス・テクニック応用
BLT application on the lower and upper limbs

【第3日目】
※靭帯バランス・テクニックの適応症状、副作用、禁忌
Indications, Side effects and Counterindications of BLT

※脊柱と顎関節への靭帯バランス・テクニック応用
BLT application to the spine and TMJ

※靭帯バランス・テクニック概論、
靭帯バランス・テクニックが及ぼす生理学的な影響と効き目
Theories behind the efficacy and physiological effects following BLT

※内蔵への靭帯バランス・テクニック応用
BLT application to viscera

※粘膜・液、に対する靭帯バランス・テクニック応用
BLT application to membranes and fluids

Class Application Form

paolo_blk.white.jpg

 

Paolo Tozzi: パオロ・トッツィーDO
paolo-thumbnail
※オステオパシー大学院卒業(修士):
ドレスダ大学 <ドイツ>Master Science in Osteopathy in 2012, at the University of Dresda, Germany;※オステオパシー/姿勢学の学位(ドクター):
ジェーンモネ国際ヨーロッパ大学 <ベルギ>
Doctorat en Osteopathie and Posturologie in 2006, at the International Association Jean Monnet, amongst the European University Foundation of Bruxelles, Belgium;※ドクター・オブ・オステオパシー学位(ドクター):
ヨーロピアン・スクール・オブ・オステオパシー <イギリス>
Bachelor Science Honours Degree in Osteopathy, D.O., in 2005, at the European School of Osteopathy, Maidstone (UK);※理学療法の学士修了(BS)
カソリック大学 <ローマ>
Degree in Physiotherapy in 2000, at the Catholic University of Sacred Heart, Rome;※イタリア・オステオパシー・スクール・オブ・ベテリナリー(獣医):学長
Principal of the First Italian School of Veterinary Osteopathy (S.Os.V.I.) since 2012;※イタリア姿勢協会 副理事
Viceprincipal of the Italian Association of Posturologists (A.I.R.O.P.) since 2009;※ヨーロッパ・オステオパシー・アカデミック・ネットワーク(学会)幹部
Treasurer of the Osteopathic European Academic Network (Os.E.A.N.) since 2008;※スクール・オブ・オステオパシーCROMON:(ローマ所在)副学長
Viceprincipal of the School of Osteopathy CROMON of Rome, since 2006;※「国際オステオパシー医学ジャーナル」の審査官
Reviewer for the International Journal of Osteopathic Medicine since 2012;

※「ボディーワーク&ムーブメント・セラピージャーナル」のアドバイスメンバー
Member of the Advisory Board of the Journal of Bodywork and Movement Therapies since 2012;

※バイオメカニック&マニュアルセラピー講義(ローマ市内の各大学において)
Lecturer of biomechanics and manual therapy in different universities in Rome;

※イタリア各地の大学院および海外各地にて、オステオパシーの講義
Lecturer of various post-graduate courses on osteopathic subjects in Italy, Europe and overseas;

※オステオパシー医学・マニュアル・セラピー(手技療法)の、
国内/国際会合でのスピーカー(講演者)
Speaker in various national and international congresses of osteopathic medicine and manual therapy; Expert on Osteopathy applied to domestic and exotic animals.member of the G.Os.C. since 2005.
I and II Level Reiki Diplome in 1999, at the Shri Papaji Centre, Rome.

 

オステオパシー講習会リスト

■ パオロ・トッツィーD.O.
直伝の国際セミナー
in Japan

 

【1】の基本クラスを最初に受講されることをおすすめします。

 


【1】
基本クラス:筋膜へのオステオパシック・アプローチ
” The osteopathic approach to fascia”

【2】
スティル筋膜リリース〜進化版
Still Fascial Tchnique for Advance【3】
横隔膜と硬膜システムへのオステオパシック・アプローチ
“The osteopathic approach to the diaphragmatic system”【4】
アティキュラー&オシリエートリー・オステオパシックテクニック
“Articulatory and Oscillatory Techniques in Osteopathic Practice”

【5】
筋膜のアンワインディングと靭帯バランス
“Fascial Unwinding and Balanced Ligamentous Tension Technique”【6】
オステオパシーの領域における液モデル
“The fluidic model in the osteopathic field “