筋膜の基本クラス・液

2016年トッツィーDO.国際セミナー

 

2016年2月パオロ・トッツィーDO.来日セミナーは、4日間連続で開催されます。

『筋膜へのオステオパシック・アプローチ』
『オステオパシーの領域における液モデル』

前半は、筋膜の基本コースになります。筋膜についての詳しい講義を含む筋膜リリース。後半はリンパや血流なども含む ”液”のオステオパシックモデルになります。


次回開催される【1】の基本クラスを最初に受講されることをおすすめします。

ベテランの専門家の方も、世界でもトップレベルの研究者であるDr.によるレクチャーを是非ご体験ください。

今後行われる、獣医師のための動物へのオステオパシックアプローチの講習会へご出席を希望される方は、必ず【1】の筋膜の基本クラスをご受講ください。

 

筋膜へのオステオパシック・アプローチ(前半)

 

The osteopathic approach to fascia

1°day
– The fascial continuum in its structure and function: introduction to the main anatomical and physiological properties of fascia
– Dimensional palpation of the various connective tissue levels
– The connective tissue from a tensegritive prospective:  from cellular to body level from an osteopathic perspective
– Global and local tenso-compression test and treatment
2°day
– The Zink test: evaluation and treatment of the fascial system
– The fascial rhythm: evaluation of its properties and anomalies
– Practice on specific evaluation of the fascial rhythm through general/remote and focal/local listening
– Indirect and direct fascial techniques: principles, methods of their application and practice 
 

オステオパシーの領域における液モデル(後半)


The fluidic model in the osteopathic field 
1st day:
– The Osteopathic Models: History, Principles and Method of application with an emphasis on the Respiratory-Circulatory Model (explained also through recorded dynamic US clips)
– Application of the Fluidic Model in osteopathic assessment (risk/benefit ratio, central myofascial compensatory patterns, fluids flow+regional and peripheral patterns
– Indications, Side effects and Counterindications to the Fluidic Model
– Global application of the Fluidic Model in osteopathic treatment: correction of uncompensated myofascial patterns, balancing the diaphragms, osteopathy in the cranial field, homeostatic techniques (Miller, Millard, Galbreath, Dalrymple techs etc. etc. )
– Evidences and hypothesis behind the efficacy and physiological effects following application of the Fluidic Model

2nd day:

– Segmental/Regional application of the Fluidic Model in osteopathic treatment by approaching specific central and peripheral nervous system elements (vagus, phrenic nerves…) and autonomic plexuses (such as Fulford’s techs)

– Local application of the Fluidic Model in osteopathic treatment by approaching crucial organs for fluid dynamics (liver, spleen, lungs…) and specific articular structures (thoracic spine and ribs…)

– Osteopathic implications of scar tissue in fluid dynamics and manual assessment of scars

– Osteopathic treatment of scar tissues

– The integration of pumping and oscillatory techniques into the application of the fluidic model

■ 2016年 ■※4日間連続!
パオロ・トッツィーD.O. 国際セミナー 

【筋膜へのオステオパシック・アプローチ】
【日程】2016年2月 4日(木)5日(金)
10am~7:00pm

【オステオパシーの領域における液モデル】
【日程】2016年2月6日(土)7日(日)
10am~7:00pm

 

Class Application Form


※お申し込み締め切り:2016年1月15日まで

【講師】 パオロ・トッツィーD.O.
(英語での講義に日本語通訳がつきます)
【備考】 テキストブック・資料・
込み。
【場所】TFTビル(都内:お台場)

【費用】

【全クラス(4日間)】
4日間早割引 164.160円(152.000円+税)1/8金3pmマデ
4日間通常費用 172.800円(160.000円+税) 1/9以降

【単独クラスのみ(2日間)】
◎早割引き 86.400円(80.000円+税)1/8金3pmマデ
通常費用 97.200円(90.000円+税) 1/9以降

※4日間、通してのご参加をおすすめします。

<<<<お申し込み>>>
申し込みフォームはこちら

 

 

オステオパシー講習会リスト

■ パオロ・トッツィーD.O.
直伝の国際セミナー
in Japan

 

【1】の基本クラスを最初に受講されることをおすすめします。

 


【1】
基本クラス:筋膜へのオステオパシック・アプローチ
” The osteopathic approach to fascia”

【2】
スティル筋膜リリース〜進化版
Still Fascial Tchnique for Advance【3】
横隔膜と硬膜システムへのオステオパシック・アプローチ
“The osteopathic approach to the diaphragmatic system”

【4】
アティキュラー&オシリエートリー・オステオパシックテクニック
“Articulatory and Oscillatory Techniques in Osteopathic Practice”

【5】
筋膜のアンワインディングと靭帯バランス
“Fascial Unwinding and Balanced Ligamentous Tension Technique”

【6】
オステオパシーの領域における液モデル
“The fluidic model in the osteopathic field “