横隔膜と硬膜システム

横隔膜と硬膜システムへのオステオパシー

ローマの貴公子、国際オステオパシー協会の
Dr.パオロによる来日セミナー

dural_tech

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
:*:✲ 横隔膜と硬膜システムへのオステオパシック・アプローチ✲:*:
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
“The osteopathic approach to the diaphragmatic system”

 

dural_hole.body

横隔膜系とは

  • 小脳テント Tentorium cerebri
  • 上甲状腺隔膜 Superior Thoracic
  • 横隔膜 Diaphragm
  • 胸腹部隔Thoraco-Abdominal Diaphragm
  • 骨盤隔膜 Pelvic Diaphragm
  • (足底隔膜 Plantar Diaphragm)

これらについて、詳しい解剖学・生理学・発生学などに
ついてレクチャー。もちろん詳しい機能について知り、
機能障害をおこす要因についても詳細に考察してゆきます。
それぞれの部位を評価する方法や、治療法が身に付きます!
dural_man

横隔膜のはたらきは!?

横隔膜は、腔内圧と腔間圧を調節します。
腔内圧を増加させることで、重量作用(持ち上げ)
をする筋肉となり、内臓(肺、腎臓…)などの
構造物を支持し懸垂しています。
また、外傷力を低下させることで、大動脈などの
生命構造物を守ります(衝撃吸収)。

血液供給と静脈-リンパ排出路の水圧ポンプとして
働いており、固有受容の役割も果たしています。

中央縦軸に沿って動く腹横筋膜面は、
縦及び矢状筋肉連鎖力の均衡を保っています。
姿勢作用に大きく関与しています。

Class Application Form

dural_pelvic

 

クラス内容

↓ ↓ ↓

【第1日目】
※横隔膜システムのオステオパシー的な所見について概要
Introduction to the diaphragmatic system from an osteopathic perspective
※修正されたジンク評価法を通じ一般的な横隔膜システムの評価
General evaluation of the diaphragmatic system through a modified Zink’ assessment
※胸腹部の横隔膜についてのオステオパシー的所見
The Thoraco- abdominal diaphragm from an osteopathic view
※胸腹部の横隔膜の検査と治療法
Assessment and treatment of the Thoraco-abdominal diaphragm
※臨床ケーススタディー、統合、調整、ディスカッション
Clinical cases, Synthesis, Integration, Discussion

【第2日目】
※上部胸横隔膜におけるオステオパシー的所見
The Superior Thoracic Diaphgram from an osteopathic view
※上部胸隔膜への検査法と治療法
Assessment and treatment of the Superior Thoracic diaphragm
※骨盤隔膜におけるオステオパシー的所見
The pelvic diaphragm from an osteopathic view
※骨盤隔膜への検査法と治療法
Assessment and treatment of the pelvic diaphragm
※臨床ケーススタディー、統合、調整、ディスカッション
Clinical cases, Synthesis, Integration, Discussion

【第3日目】
※小脳テント隔膜におけるオステオパシー的所見
The Tentorium Cerebri Diaphragm from an osteopathic view
※小脳テントへの検査法と治療法
Assessment and treatment of the Tentorium Cerebri
※正中線と身体のバランス機能
(篩骨、下顎骨、舌骨、剣状突起、尾骨)
The midline and the balancing system of the body
(ethmoid, mandible, hyoid, xyphoid process, coccyx)
※正中線および身体のバランス機能の検査法と治療法
Assessment and treatment of the midline and of the balancing system
※臨床ケーススタディー、統合、調整、ディスカッション
Clinical cases, Synthesis, Integration, Discussion

Class Application Form

dural_shugi

 

この様なことで機能障害を起こします

  • 外傷(むち打ち症、転倒…)、
  • 手術(会陰切開術、甲状腺摘出術…)の瘢痕や癒着
  • ストレスと心的ショック
  • 膠原病(紅斑性狼瘡、強皮症、大動脈弁逆流)
  • 不良姿勢(仕事、スポーツ、趣味)
  • 周辺構造又は内臓機能障害 ・全身性疾患

Dural_posture

Paolo Tozzi: パオロ・トッツィーDO
paolo-thumbnail
※オステオパシー大学院卒業(修士):
ドレスダ大学 <ドイツ>
Master Science in Osteopathy in 2012, at the University of Dresda, Germany;※オステオパシー/姿勢学の学位(ドクター):
ジェーンモネ国際ヨーロッパ大学 <ベルギ>
Doctorat en Osteopathie and Posturologie in 2006, at the International Association Jean Monnet, amongst the European University Foundation of Bruxelles, Belgium;※ドクター・オブ・オステオパシー学位(ドクター):
ヨーロピアン・スクール・オブ・オステオパシー <イギリス>
Bachelor Science Honours Degree in Osteopathy, D.O., in 2005, at the European School of Osteopathy, Maidstone (UK);※理学療法の学士修了(BS)
カソリック大学 <ローマ>
Degree in Physiotherapy in 2000, at the Catholic University of Sacred Heart, Rome;※イタリア・オステオパシー・スクール・オブ・ベテリナリー(獣医):学長
Principal of the First Italian School of Veterinary Osteopathy (S.Os.V.I.) since 2012;※イタリア姿勢協会 副理事
Viceprincipal of the Italian Association of Posturologists (A.I.R.O.P.) since 2009;※ヨーロッパ・オステオパシー・アカデミック・ネットワーク(学会)幹部
Treasurer of the Osteopathic European Academic Network (Os.E.A.N.) since 2008;※スクール・オブ・オステオパシーCROMON:(ローマ所在)副学長
Viceprincipal of the School of Osteopathy CROMON of Rome, since 2006;※「国際オステオパシー医学ジャーナル」の審査官
Reviewer for the International Journal of Osteopathic Medicine since 2012;※「ボディーワーク&ムーブメント・セラピージャーナル」のアドバイスメンバー
Member of the Advisory Board of the Journal of Bodywork and Movement Therapies since 2012;※バイオメカニック&マニュアルセラピー講義(ローマ市内の各大学において)
Lecturer of biomechanics and manual therapy in different universities in Rome;※イタリア各地の大学院および海外各地にて、オステオパシーの講義
Lecturer of various post-graduate courses on osteopathic subjects in Italy, Europe and overseas;※オステオパシー医学・マニュアル・セラピー(手技療法)の、
国内/国際会合でのスピーカー(講演者)
Speaker in various national and international congresses of osteopathic medicine and manual therapy; Expert on Osteopathy applied to domestic and exotic animals.member of the G.Os.C. since 2005.
I and II Level Reiki Diplome in 1999, at the Shri Papaji Centre, Rome.

お申し込みフォームはこちらから

 

オステオパシー講習会リスト

■ パオロ・トッツィーD.O.
直伝の国際セミナー
in Japan

 

【1】の基本クラスを最初に受講されることをおすすめします。

 


【1】
基本クラス:筋膜へのオステオパシック・アプローチ
” The osteopathic approach to fascia”

【2】
スティル筋膜リリース〜進化版
Still Fascial Tchnique for Advance【3】
横隔膜と硬膜システムへのオステオパシック・アプローチ
“The osteopathic approach to the diaphragmatic system”【4】
アティキュラー&オシリエートリー・オステオパシックテクニック
“Articulatory and Oscillatory Techniques in Osteopathic Practice”

【5】
筋膜のアンワインディングと靭帯バランス
“Fascial Unwinding and Balanced Ligamentous Tension Technique”
【6】

オステオパシーの領域における液モデル
“The fluidic model in the osteopathic field “