過去に開催した筋膜クラス

 

近々のセミナー日程

 

G.O.T.ジェネラル・オステオパシー・トリートメント
(general osteopathic treatment)
 

【日程】2017年11月25日(土)・26日(日)
【場所】都内会場 10am ~ 19pm
★詳細はこちらのページをご覧ください。
http://holistic-excellence.com/got/
 
 

過去に開催されたクラス

 

筋膜へのオステオパシック・アプローチ

 
” The osteopathic approach to fascia”
 
 
1°day
– The fascial continuum in its structure and function: introduction to the main anatomical and physiological properties of fascia
– Dimensional palpation of the various connective tissue levels
– The connective tissue from a tensegritive prospective:  from cellular to body level from an osteopathic perspective
– Global and local tenso-compression test and treatment
2°day
– The Zink test: evaluation and treatment of the fascial system
– The fascial rhythm: evaluation of its properties and anomalies
– Practice on specific evaluation of the fascial rhythm through general/remote and focal/local listening
– Indirect and direct fascial techniques: principles, methods of their application and practice 
 
 

スティル筋膜リリース~進化版

 
Still Fascial Tchnique for Advance
 
 
Mechano-Chemical TransductionIs generally accepted that focal adhesions proteins are not only mechanoreceptors, but also mechano-chemical transductorsThe Physiological response following Morfo-tenso-structural changes
When a wound affects the skin, the adjacent cells to the damage flatten and expand longitudinallyThe relation with the substrate
Human Vertebral Column as a column?
HUMAN SPINES ARE INSTEAD
The joint as an inclined plane
Ligaments and Capsule?
Tensegrity system
an atom
Mathematical Models
Predictive Models Hans Chaudhry
Cellular Tensional Integrity
Intracellular Hierarchical Organization
From the Cytoskeleton
Intermediate Filaments:
The ‘Trade Union’ guys
up to the cilia
and the erythrocite
Physiological response following Morfo-tenso-structural changes
The relation with the substrate
the metabolic response
Mechano-Chemical Transduction
The Mechanotransduction
genes upregulation
enzimatic activation
Models of Neural Mechanotransduction
The relevance in the manual therapy field
Endocannabinoid Response
Superfical and deep fascia of the shoulder.
Pelvic Floor
From collagen fibers
MultiMicroVacuolar Collagenic Dynamic Absorbing System.
Features of the Fascial Listening.
Atypical Features of Fascial Rhythm.
Fibroblasts property of organizing the matrix.
Dendritic connections between fibroblasts.
Contraction force transmission.
TLF’ force contraction.
Potential contraction force
of thoracolumbar fascia/
α smooth muscle actine expression in human condrocites,
Condrocyte contraction force.
Practice of compression-tensional test and release.
The Tensegritive Man
and the Fascia Organization.
Mechanical Continuity.
Vleeming-Willard Ligamentous Complex.
Mechanical roles.
Fascia’s Functions.
Quali Recettori nella Fascia?.
Investing Cervical Fascia.
Axial Fascia
Prevertebral & TLF.
Deep fascia (Visceral)
Pretracheal & Carotid.
Fascial Layers in the Cervical region.
Deep Fascia (Visceral)
Endothoracic Fascia.
Fascia TrasversalisThe human body is composed of a single continuous system:the living matrix.
Test for each gravity line
 
 

横隔膜と硬膜システムへのオステオパシック・アプローチ

 
“The osteopathic approach to the diaphragmatic system”
 
 
横隔膜系とは
• 小脳テント Tentorium cerebri
• 上甲状腺隔膜 Superior Thoracic
• 横隔膜 Diaphragm
• 胸腹部隔Thoraco-Abdominal Diaphragm
• 骨盤隔膜 Pelvic Diaphragm
• (足底隔膜 Plantar Diaphragm)
これらについて、詳しい解剖学・生理学・発生学などに
ついてレクチャー。もちろん詳しい機能について知り、
機能障害をおこす要因についても詳細に考察してゆきます。
それぞれの部位を評価する方法や、治療法が身に付きます!

横隔膜のはたらきは!?
横隔膜は、腔内圧と腔間圧を調節します。
腔内圧を増加させることで、重量作用(持ち上げ)
をする筋肉となり、内臓(肺、腎臓…)などの
構造物を支持し懸垂しています。
また、外傷力を低下させることで、大動脈などの
生命構造物を守ります(衝撃吸収)。
血液供給と静脈-リンパ排出路の水圧ポンプとして
働いており、固有受容の役割も果たしています。
中央縦軸に沿って動く腹横筋膜面は、
縦及び矢状筋肉連鎖力の均衡を保っています。
姿勢作用に大きく関与しています。

この様なことで機能障害を起こします
• 外傷(むち打ち症、転倒…)、
• 手術(会陰切開術、甲状腺摘出術…)の瘢痕や癒着
• ストレスと心的ショック
• 膠原病(紅斑性狼瘡、強皮症、大動脈弁逆流)
• 不良姿勢(仕事、スポーツ、趣味)
• 周辺構造又は内臓機能障害 ・全身性疾患
 
【第1日目】

※横隔膜システムのオステオパシー的な所見について概要

Introduction to the diaphragmatic system from an osteopathic perspective


※修正されたジンク評価法を通じ一般的な横隔膜システムの評価

General evaluation of the diaphragmatic system through a modified Zink’ assessment


※胸腹部の横隔膜についてのオステオパシー的所見

The Thoraco- abdominal diaphragm from an osteopathic view


※胸腹部の横隔膜の検査と治療法

Assessment and treatment of the Thoraco-abdominal diaphragm


※臨床ケーススタディー、統合、調整、ディスカッション

Clinical cases, Synthesis, Integration, Discussion

【第2日目】

※上部胸横隔膜におけるオステオパシー的所見

The Superior Thoracic Diaphgram from an osteopathic view

※上部胸隔膜への検査法と治療法

Assessment and treatment of the Superior Thoracic diaphragm

※骨盤隔膜におけるオステオパシー的所見

The pelvic diaphragm from an osteopathic view

※骨盤隔膜への検査法と治療法

Assessment and treatment of the pelvic diaphragm

※臨床ケーススタディー、統合、調整、ディスカッション

Clinical cases, Synthesis, Integration, Discussion

【第3日目】

※小脳テント隔膜におけるオステオパシー的所見

The Tentorium Cerebri Diaphragm from an osteopathic view

※小脳テントへの検査法と治療法

Assessment and treatment of the Tentorium Cerebri

※正中線と身体のバランス機能
(篩骨、下顎骨、舌骨、剣状突起、尾骨)

The midline and the balancing system of the body
(ethmoid, mandible, hyoid, xyphoid process, coccyx)

※正中線および身体のバランス機能の検査法と治療法

Assessment and treatment of the midline and of the balancing system

※臨床ケーススタディー、統合、調整、ディスカッション

Clinical cases, Synthesis, Integration, Discussion
 
 

アティキュラー&オシリエートリー・オステオパシックテクニック

 
“Articulatory and Oscillatory Techniques in Osteopathic Practice”
 
 
【第1日目】
※結合組織(筋膜)のアンワインディング:歴史、原理原則、応用メソッド

(Fascial Unwinding (FU): History, Principles and Method of application)
※アティキュラー・テクニック:歴史、原理原則、応用メソッド

(Articulatory Techniques: History, Principles and Method of application)
※アティキュラー・テクニック:下肢への施術

(Articulatory techniques for the lower limbs)
※アティキュラー・テクニック:上肢への施術

(Articulatory techniques for the upper limbs)
※アティキュラー・テクニックにおける適応症、副作用、禁忌

(Indications, Side effects and Counterindications for articulatory techniques)
※肋骨と顎関節へのアティキュラー・テクニック

(Articulatory techniques to the ribs and TMJ)
【第2日目】
アティキュラー・テクニックにおける、エビデンスと生理学的効果

(Evidences and physiological effects behind articulatory techniques)
脊柱(腰椎、胸椎、頸椎)へのアティキュラー・テクニック

(Articulatory techniques to the spine (lumbar, thoracic, cervical spine)
妊婦、幼児、子供へのアティキュラー・テクニック

(Articulatory techniques in pregnants, babies and children)
オシリエートリー・テクニック:歴史、原理原則、応用メソッド

(Oscillatory techniques: History, Principles and Method of application)
オシリエートリー・テクニック:下肢への施術

(Oscillatory techniques to the lower limbs)
【第3日目】
オシリエートリー・テクニックにおける適応症、副作用、禁忌

(Indications, Side effects and Counterindications of oscillatory techniques)
オシリエートリー・テクニック:上肢への施術

(Oscillatory techniques to the upper limbs)
脊柱へのオシリエートリー・テクニック

(Oscillatory techniques for the spine)
オシリエートリー・テクニックにおける、エビデンスと生理学的効果

(Evidences and physiological effects following oscillatory techniques)
直接および遠隔でのオシリエートリー治療

(Local and remote oscillatory treatment)
 
 

筋膜のアンワインディングと靭帯バランス

 
“Fascial Unwinding and Balanced Ligamentous Tension Technique”
『結合組織のアンワインディング(解き放つ)』と
『靭帯バランステクニック』
 
 
【第1日目】

※結合組織(筋膜)のアンワインディング:歴史、原理原則、対応法

Fascial Unwinding (FU): History, Principles and Method of application
※腰部の結合組織をアンワインディング

FU application on the lower limb
※胸腹部への対応法

FU application on the upper limb
※筋膜における兆候、副作用、禁忌

Indications, Side effects and Counterindications of FU
※脊柱と顎関節への筋膜アンワインディングにおける対応法

FU application to the spine and TMJ
【第2日目】
※上部胸横隔膜におけるオステオパシー的所見

The Superior Thoracic Diaphgram from an osteopathic view
※内蔵への筋膜アンワインディング応用

FU application to viscera
※2名の施術者による筋膜アンワインディング

FU applied by 2 operators
※靭帯バランス・テクニックの歴史、概論、技法の適用

Balanced Ligamentous Tension (BLT) Technique: History,
Principles and Method of application
※腰部への靭帯バランス・テクニック応用

BLT application on the lower and upper limbs
【第3日目】

※靭帯バランス・テクニックの適応症状、副作用、禁忌

Indications, Side effects and Counterindications of BLT
※脊柱と顎関節への靭帯バランス・テクニック応用

BLT application to the spine and TMJ
※靭帯バランス・テクニック概論、
靭帯バランス・テクニックが及ぼす生理学的な影響と効き目

Theories behind the efficacy and physiological effects following BLT
※内蔵への靭帯バランス・テクニック応用

BLT application to viscera
※粘膜・液、に対する靭帯バランス・テクニック応用

BLT application to membranes and fluids
 
 

オステオパシーの領域における液モデル

 
“The fluidic model in the osteopathic field “
 
 
1st day:
– The Osteopathic Models: History, Principles and Method of application with an emphasis on the Respiratory-Circulatory Model (explained also through recorded dynamic US clips)

– Application of the Fluidic Model in osteopathic assessment (risk/benefit ratio, central myofascial compensatory patterns, fluids flow+regional and peripheral patterns

– Indications, Side effects and Counterindications to the Fluidic Model

– Global application of the Fluidic Model in osteopathic treatment: correction of uncompensated myofascial patterns, balancing the diaphragms, osteopathy in the cranial field, homeostatic techniques (Miller, Millard, Galbreath, Dalrymple techs etc. etc. )

– Evidences and hypothesis behind the efficacy and physiological effects following application of the Fluidic Model
2nd day:
– Segmental/Regional application of the Fluidic Model in osteopathic treatment by approaching specific central and peripheral nervous system elements (vagus, phrenic nerves…) and autonomic plexuses (such as Fulford’s techs)
– Local application of the Fluidic Model in osteopathic treatment by approaching crucial organs for fluid dynamics (liver, spleen, lungs…) and specific articular structures (thoracic spine and ribs…)
– Osteopathic implications of scar tissue in fluid dynamics and manual assessment of scars
– Osteopathic treatment of scar tissues
– The integration of pumping and oscillatory techniques into the application of the fluidic model
 
 

GOTジェネラル・オステオパシー・トリートメント

 
 
ゼネラル・オステオパシック・トリートメント(GOT)は、アーティキュレートリー(関節療法)により全体として患者の身体を治療するシステムです。

イギリス及びその他のヨーロッパ諸国の多くで現在行われているGOTは、初期のイギリスのオステオパシーのパイオニアであるJMリトルジョンにより伝えられ、ヨーロッパでは今も発展を続けています。

GOTでは生理学的機能に対する身体構造を包含するトリートメント・ルーチンを学ぶことができます。
 
 
■History and objectives of G.O.T.
(GOTの歴史と目的)
 
■The mechanical principles of Littlejohn and the lines of force through the human spine
(リトルジョンの機械力学的原理と人間の脊柱を通る力線)
 
■The implications of Littlejohn’s mechanics on human posture and its applications in osteopathic evaluation
(リトルジョンの力学の人間の姿勢に及ぼす影響とオステオパシー評価への適用)
 
■The 10 principles of G.O.T.
(GOTの10原則)
 
■G.O.T. routine in supine, prone and side lying positions
(GOTの仰臥位、伏臥位、側臥位のルーチン)
 
■Indications and contraindications of G.O.T.
(GOTの適応及び禁忌)
 
■G.O.T. applied to lymphatic and fluid drainage
(GOTのリンパ及びフルイドの排液への適用)
 
■Application of G.O.T. in different clinical presentations
(GOTの適用の異なる臨床の紹介)

 
 
Class Application Form

 

筋膜アプローチ研究会について

 

筋膜トリートメントやクラシック・オステオパシーを深く学ぶための研究会です。当研究会は、「継続して学びたい方」とそのご紹介者のための、継続学習グループです。

海外のオステオパシー大学院、「ローマ・スクール・オブ・オステオパシー」から授与されるサティフィケート(上級クラス受講済み認定証)・受講認定証の取得を視野に入れ実践していきます。(ご希望者のみ)

前向きに鍛錬を重ねグループとして向上を目指します。

上記の認定証は、

★「筋膜アプローチ研究会」のメンバーであること。
★各自でテーマを決めて研究しレポートを作成。
★オステオパシー大学で1週間ほどの集中講義を受ける。
★DO.による実技チェック。
★「筋膜アプローチ研究会」主催セミナーの受講生。

これらに該当する方に向けて授与されるものです。

ある程度の上級者が集まったら企画されます。

解剖学・生理学を習得済みの方に限ります。また技術的な上達は必須です。復習会などご利用ください。

セミナーを受講した方のみメンバーに入会することができます。

 

dural_shugi

Dural_posture

お申し込みフォームはこちらから