AORTオステオパシー

AORT自律整復テクニック

“筋肉の固有感覚受容システム”と“脊髄”を「リプログラミング(再教育)」するために穏やかに行われる間接法のオステオパシー手技

AORTの特徴は?
  • 安全な治療法なので、各種セラピーに取り入れやすい手技療法です。
  • AORTが全面的に禁忌とされているものはほとんどありません。(裂傷や骨折、急性リューマチ、局部的炎症過程、など以外)
  • 過剰に不安を抱いている患者/クライアントにも安心して利用できます。
  • 患者/クライアントは治療途中 にすでに改善を感じることができます。
  • トリガーポイント/痛点を触診できるようになります。
  • トリガーポイントを局限化する事でどの様な障害かを認識することができるようになります。
  • トリガーポイントの 痛みの度合いで障害の度合いを推定することができるようになります。
  • 早いテンポの施術法が使えない時、筋肉の緊張がひどすぎ「局限トラウマ」の症状がある時、マニュピュレーションが禁忌とされる状態、リスクを伴う頸椎機能障害の治療、などにも最適な療法。
『AORTオステオ テクニック』は、速いテンポで関節マニュピュレーションを行うような技法ではなく、筋肉の固有感覚受容システムと脊髄を「リプログラミング(再教育)」するために穏やかに行われる間接法のオステオパシー手技です。

 

AORT←略語の意味は?

AORTは“オステオパシー自律整復テクニック”の略字です。この文脈においてのAutonomousは、「正しい治療ポジションに持ってゆくテクニックを通じて、“正しい位置”の情報を受け取った場合、身体が自身で自動的に筋肉を矯正する」という意味で使われています。“repositioning technique(整復テクニック)”とは、機能障害が原因で起こることが多い「反復姿勢」によって引き起こされた状態を、治癒的位置に修復するという意味です。

ここで言う整復手技は、ローレンス H.ジョーンズD.O.が開発した“ストレイン/カウンターストレイン”というポジショニングを多く利用する技法です。

Dr.ジョーンズの「ストレインカウンターストレイン」に補足と観測を加えた、新しい要素は下記の3点です。

  • a横行インパルス
  • b後等長性リラクゼーション
    (マッスルエナジーテクニック)
  • cアフタートリートメント

などの測定を加え統合されており、さらに既存のトリガーポイント以外の新たに発見したポイント、プライオリティー(処置の優先順位)、治療後の確認作業、が加わった技法です。

 

それぞれの手順の説明

a. 横行インパルス

このテクニックはフランス人薬剤師/理学療法士であるジェーンモネイロンにより開発されました。このテクニックは単体でも使用され、とても良い結果を出せる技術です。ポジショニングの準備段階の処置として、もしも筋肉に1つ以上の痛点があった場合、より重要な方だけが残る事が多くなるという効力があります。ポジショニングがよりシンプルに少ない時間でできるようになります。もしも治療の最後に用いた場合、横行インパルスを用いて、可能な限り残存したテンションや繊維質のエリアを効果的に治癒することができます。

b. 後等長性リラクゼーション

これは、潜伏期の後の瞬間と、元のポジションに戻るフェーズの間に起こる、治療においてとても重要なフェーズです。患者は元の位置に戻る活動を手伝ってはいけません。この「手伝い」は多くの患者にとっての行動パターンが反射的に起こっているものなので、時に達成するのが容易でないことがあります。フレッドミッシェル(1909-1974)の“マッスルエナジーテクニック ”(もしくは“後等長性リラクゼーション”)はこのようなケースに理想的です。筋肉を確実に能動的に収縮させ、後に以前よりもっとリラックスするからです。また、筋肉のある特定の部分にある残りの緊張を、確実に軽減させます。
治療体勢になった患者は、施術者に向かって抵抗し約3秒間押し続け、その後力を抜きます。このリラクゼーション期では、施術者が患者を受動的に元のニュートラルポジションに戻してゆきます。

c. アフタートリートメント

治療後もある時まで鋭敏な反応が残ります。そのゾーンは周辺構造においての、新たな固有感覚インパルスの統合を定め能動的に動く必要があります。

この原理では、特に決まりのない、一般的なモビリゼーションテクニックと似た動きを作り出すことが含まれています。(例)肩峰鎖骨部関節へテクニックを施した後、肩関節部全体が外方および内方の両側に回転する動きを持つようになります。

 

主なAORT作業手順は下記のとおりです
  1. トリガーポイントの触診と「牽引と加圧」(独自に新たに発見したトリガーポイントも含む)。
  2. 治療体勢(ポジショニング)に誘導する。
  3. 筋肉の「等長性弛緩(生理的に収縮が緊張の増大を生じさせるようにする)」90秒間の潜伏期をおく。
  4. 筋肉への「横行インパルス」テクニックで筋肉の再教育。
  5. プライオリティー(処置の優先順位)。
  6. アフタートリートメント(治療後の確認作業)。
  7. 治療体勢(ポジショニング)に誘導する。
  8. 筋肉の「等長性弛緩(生理的に収縮が緊張の増大を生じさせるようにする)」90秒間の潜伏期をおく。
  9. 筋肉への「横行インパルス」テクニックで筋肉の再教育。
  10. プライオリティー(処置の優先順位)。
  11. アフタートリートメント(治療後の確認作業)。
現在「ネッター解剖学図譜」でおなじみの出版社が、アメリカで「AORT教本(Raphael Van Assche D.O.著)」出版にむけてドイツ語から英語への翻訳中です。オリジナルの図から、ネッターの解剖学図におきかえているので、作業がなかなか進まないそうです。完成日は未定だそうですが、できあがりましたら、こちらでお知らせいたします。

 

AORTオステオテクニック 適応症

肩峰鎖骨関節の痛み / 距骨(くるぶし)痛 / アキレス腱 / 腕の痛み/ 関節包炎  / 肩関節周囲炎(50肩)/ 手根管[圧迫]症候群/ 胸部痛/ 中足骨痛 (モートン症候群) / 肘管症候群/ 歯痛/ 外側 肘上顆炎症候群(テニスエルボー)/ 内側 肘上顆炎症候群(ゴルファーエルボー)/ 顔面通 / 頭痛 / 股関節通/ 膝関節痛/ 腰痛/ 偏頭痛/ 首の痛み/ 足底痛/ 回旋腱板腱炎/ 仙腸関節痛/ 坐骨神経痛 / 肩の痛み/ 肩峰下滑液包炎/ 顎関節痛/ ティーツェ症候群、など。

いただいた質問Q:「AORTというのはカウンターストレインテクニックと同じような内容ですか?」

A:ヴァン・アッシェ先生は、若い頃にDr. ジョーンズ(ストレインカウンターストレインの開発者)から直々にトレーニングを受けたことがあります。その後、中国の南京で東洋医学や鍼灸を学んだ事、その他の研究や経験から、それらの知識をオステオパシー技術に取り入れ、AORTが生まれました。AORTには、新しく発見した「テンダーポイント」「機能不全に関する情報」が加わっています。さらに、根本的な(Primal)機能障害を見つけ出す方法(治療部位の優先順位)や、それとまったく別のテクニックであるポジショニング(治療体勢)が入っています。このポジショニングは非常に重要です。ですので、ストレインカウンターストレインがルーツになっている部分もありますが、まったく別の視野とコンセプトから構成されているのがAORTです。

ライブフードセラピーの講習会のお知らせです。土曜日コース。最新の栄養学講義と、試食会。めちゃ楽しいクラスで美人になりましょう! ライブフードセラピーの講習会のお知らせです。土曜日コース。最新の栄養学講義と、試食会。めちゃ楽しいクラスで美人になりましょう!